ボーズ、新開発の低音再生技術を搭載した12cmの超小型スピーカー 電池駆動もOK | RBB TODAY

ボーズ、新開発の低音再生技術を搭載した12cmの超小型スピーカー 電池駆動もOK

IT・デジタル その他

Micro Music Monitor(M3)
  • Micro Music Monitor(M3)
 ボーズは1日、新開発の低音再生技術「ハイパーレゾネーター」を搭載した超小型スピーカー「Micro Music Monitor(M3)」を2006年3月3日に発売すると発表した。ダイレクト販売のみで、価格は49,980円(ペア)。なお、2006年1月20日から、先行予約を受け付ける。

 Micro Music Monitor(M3)は、独自技術のハイパーレゾネーターを採用した小型スピーカー。新開発した50mmのドライバーにはネオジウムマグネットを、エンクロージャーにはアルミを採用する。小音量でも豊かな音質を楽しめるという独自技術の「P.A.P.回路」や、デジタルアンプを内蔵。

 電源は、ACアダプターのほか、単3形アルカリ電池(4本)も使用可能だ。出力は、ACアダプター使用時が20W×2、電池使用時が2W×2となる。

 本体サイズは幅60.4×高さ122.0×奥行き122.5mm、重さは左右各600g。なお、M3の本体サイズは1982以来のロングセラーを記録する小型スピーカー「101MM」の1/6という小型化を実現している。
《高柳政弘》

関連ニュース

特集

page top