フュージョン、Skypeとの連携サービスのトライアルを開始 | RBB TODAY

フュージョン、Skypeとの連携サービスのトライアルを開始

 フュージョン・コミュニケーションズ(フュージョン)は、Skype Technologiesと共同でIP電話の連携サービス「Multi-Gateway for Skype」のトライアルを12月19日から開始する。

ブロードバンド その他
 フュージョン・コミュニケーションズ(フュージョン)は、Skype Technologiesと共同でIP電話の連携サービス「Multi-Gateway for Skype」のトライアルを12月19日から開始する。

 この連携サービスは、フュージョンのIP電話サービス「FUSION IP-Phone」のオプションとして提供されるもの。同サービスのユーザは、PCにSkypeと専用の転送ソフトをインストールすることで、FUSION IP-Phoneの着信をPCでも受けられるようになる。これにより、ISPや場所を問わずFUSION IP-Phoneの着信が受けられるようになるというわけだ。

 トライアルではユーザの声を集め、来年度前半をめどに商用サービスに移行するとしている。

 なお、正式サービスでは転送サービスや転送ソフトは有料になる予定だが、トライアルではいずれも無料だ。
《安達崇徳》

特集

page top