IRI-Com、次世代メール基盤活用とセキュリティ対策の無料セミナー開催 | RBB TODAY

IRI-Com、次世代メール基盤活用とセキュリティ対策の無料セミナー開催

エンタープライズ その他
 IRIコミュニケーションズ(IRI-Com)は今月、次世代メール基盤活用とセキュリティ対策をテーマとした無料セミナーを東京の新宿で開催する。

 11月10日と28日の2回行われる「次世代メール基盤活用セミナー」では、現在のメールシステムを取巻く環境とスパム対策の現状を紹介しつつ、IRIコミュニケーションズが8月31日から提供している、スパムやセキュリティ対策に対するシステム管理者の負担を軽減するメールASPサービス「Anti-Abuse Mail Service」を紹介する。

 11月11日に行われる「SEC110セキュリティセミナー2005」では、個人情報保護法の施行や、巧妙化する不正攻撃とその増加によって、企業のセキュリティ対策部門の負担が増え続ける状況をふまえ、セキュリティ対策と運用のベストソリューションを提案する。

 会場はいずれも新宿野村ビル48階の野村コンファレンスプラザ。受講料は無料だが事前登録制となっており、Webページの申し込みフォームから登録する。各回の定員に達し次第、締め切りとなる。

 セミナーの詳細は以下の通り。

■次世代メール基盤活用セミナー
●日時
 第1回目:2005年11月10日(木)14時〜16時30分(開場13時30分)
 第2回目:2005年11月28日(月)14時〜16時30分(開場13時30分)
●会場:野村コンファレンスプラザ
 東京都新宿区西新宿1-26-2 新宿野村ビル48F
●定員:各回先着60名
●受講料:無料(事前登録制)
●プログラム(敬称略)
・14時〜:「インターネットを取巻く環境の変化とASPサービスの展望(仮題)」
 講師:インターネット総合研究所 代表取締役所長 藤原 洋
・14時30分〜 「企業Emailのセキュリティーとコンプライアンス」
 講師:センドメール 代表取締役社長 小島 國照
・15時15分〜 「次世代メールサーバにおける技術的選択」
 講師:IRIコミュニケーションズ 特命プロジェクト 安藤 一憲
・その後、「Anti-Abuse Mail Service」の紹介があり、16時30分にセミナー終了予定

●SEC110セキュリティセミナー2005
●日時:2005年11月11日(金) 13時30分〜16時30分 (開場13時)
●会場:野村コンファレンスプラザ
 東京都新宿区西新宿1-26-2 新宿野村ビル48F
●定員:先着100名
●受講料:無料(事前登録制)
●プログラム(敬称略。都合により、講師が変更になる場合あり)
・13時30分〜:「IRI-Comのセキュリティへの取り組み」
 講師:IRIコミュニケーションズ 代表取締役社長 持塚 朗
・13時45分〜:「情報セキュリティと脅威への対策」
 講師:IRIコミュニケーションズ 取締役企画部長 許 先明
・14時05分〜:「脅威を知ることから始まる情報セキュリティ強化
 講師:エス・アイ・ディ・シー 取締役営業本部長 内田 哲
・14時30分〜:「本当に有効な不正アクセス監視とは? 〜インシデントハンドリングの実際〜」
 講師:三井物産セキュアディレクション 事業開発センター長兼CTO 伊藤 良孝
・15時15分〜:「ファイヤーウォール・マネージメント
 講師:セキュアヴェイル CTO 三木 亮三
・15時45分〜:「認証セキュリティツールの動向および事例」
 講師:RSAセキュリティ 代表取締役社長 山野 修
・6時05分〜:大容量Data In Motionのセキュアな転送需要
 講師:ジャパン・ベンチャー・パートナーズ ディレクター 平山 眞
・16時30分:セミナー終了
《小笠原陽介》

特集

page top