AWS環境でセキュリティを監視する「WAF管理サービス for AWS」が登場 | RBB TODAY

AWS環境でセキュリティを監視する「WAF管理サービス for AWS」が登場

エンタープライズ セキュリティ

同社が提供するマネージメントセキュリティサービス「ファイアウォールネットワークセンター(FNC)」の新メニューとして提供を行う。図はFNCセキュアインターネット接続サービスの概念図(画像は製品サイトより)
  • 同社が提供するマネージメントセキュリティサービス「ファイアウォールネットワークセンター(FNC)」の新メニューとして提供を行う。図はFNCセキュアインターネット接続サービスの概念図(画像は製品サイトより)
  • FNCセキュアWebネット管理サービスの概念図。今回の新メニューはAWS上で稼働するWebアプリケーション・ファイアウォール提供とその監視を行うワンストップサービスとなる(画像は製品サイトより)
 NRIセキュアテクノロジーズはAWS(アマゾンウェブサービス)上で稼働するWebアプリケーション・ファイアウォール(WAF)の提供とそれによる監視を行う「WAF管理サービス for AWS」を5日より提供開始した。企業向けの情報セキュリティ運用監視サービスである「FNCサービス」の新メニューとして提供される。

 米Imperva社の「SecureSphere WAF for AWSシリーズ」を採用しており、導入時におけるポリシーの設定から導入後の監視までを一括で提供できる点が特徴となっている。

 ゼロデイ脆弱性攻撃やリスト型アカウントハッキング攻撃等の攻撃に対する監視など、24時間体制でセキュリティを監視・分析し、WAFにより検知されたセキュリティ事象に対して、危険度に応じた対応を行えるシステムだ。
《防犯システム取材班/宮崎崇》

関連ニュース

特集

page top