NEC、ハードウェアMPEG2リアルタイムデコーダ搭載のAVノート「LaVie T」 | RBB TODAY

NEC、ハードウェアMPEG2リアルタイムデコーダ搭載のAVノート「LaVie T」

IT・デジタル ノートPC

LaVie T LT900/ED
  • LaVie T LT900/ED
 日本電気(NEC)は25日、ハードウェアMPEG2リアルタイムデコーダ搭載のハイスペックAVノート「LaVie T」(LT900/ED)を発表した。出荷は11月24日。価格はオープンで、実売予想価格は24万円前後。

 LaVie T LT900/EDは、高画質エンジン「VISITAL(ビジタル)」をさらに強化し、ハードウェアMPEG2リアルタイムデコーダとハードウェアノンリニアスケーラーの2つの高画質回路を新搭載したのが特徴だ。スピーカーには液晶パネル全体を振動させて音を出すSoundVuを採用し、広いリスニングポイントと臨場感あふれるサウンドを実現しているという。

 さらに、画面の明るさ切り替えや、画面の拡大/縮小などがワンタッチで行えるボタンを備えており、使いやすさも追求。同社が運営する動画ポータルサイト「BIGLOBEストリーム(MG)」に対応したTV/PC用リモコンが付属する。

 LT900/EDは、Pentium M 740(1.73GHz)と15.4型WXGA(1,280×800ドット)液晶ディスプレイ、TVチューナーを搭載した個人向けAVノート。Intel 915GMチップセットを採用し、メモリは512Mバイト(PC2-4200対応)、HDD(Ultra ATA/100)は約160Gバイト(80Gバイト×2)で、光学ドライブはスロットイン方式のDVDスーパーマルチドライブを内蔵する。

 通信機能は、IEEE802.11a/b/g準拠の無線LAN、10/100BASE-TX対応のEthernet、56kbpsのファクスモデムを備える。

 カードスロットは、ExpressCard/54、ExpressCard、PCカード、トリプルメモリスロット(SDメモリーカード、メモリースティック、xDピクチャーカード対応)を装備。インターフェースは、USB2.0×4、IEEE1394(4ピン)、ミニD-Sub15ピン、Sビデオ出力、光デジタル音声出力などを用意する。

 OSは、Windows XP Home Edition。

 本体サイズは幅376×奥行き308×高さ51.2〜65mm、重さは5.1kg。電源にはニッケル水素バッテリーを採用し、バッテリー駆動時間は1.2時間としている。

 なお、本製品をベースとしたNEC Directモデル「LaVie G タイプT」も用意する。LaVie G タイプTでは、最大2Gバイトのデュアルチャネルメモリや240Gバイト(120Gバイト×2)HDDなどの選択が可能だ。NEC Directの最小構成価格は177,870円から。
《高柳政弘》

特集

page top