ウィルコム、Windows Mobile 5.0を採用したVGA液晶搭載スマートフォン「W-ZERO3」を発表 | RBB TODAY

ウィルコム、Windows Mobile 5.0を採用したVGA液晶搭載スマートフォン「W-ZERO3」を発表

ブロードバンド その他

 ウィルコムは20日、マイクロソフトのPDA向けOS最新版「Windows Mobile 5.0 日本語版」を採用した、シャープ製の新世代モバイルコミュニケーション端末「W-ZERO3」を、12月上旬に発売すると発表した。
  •  ウィルコムは20日、マイクロソフトのPDA向けOS最新版「Windows Mobile 5.0 日本語版」を採用した、シャープ製の新世代モバイルコミュニケーション端末「W-ZERO3」を、12月上旬に発売すると発表した。
  • OPEN正面、キーボード部を開いた状態のW-ZERO3。キー入力とタッチパネルの併用も可能だ
  • 裏面、裏面には自分撮り用と思われるミラーが付いた1.3メガピクセルCMOSカメラのレンズが付いている
  • コネクタ、本体側面にはACアダプターコネクタ、USBコネクタ、MiniSDスロット、シャッターボタンが並ぶ
  •  ウィルコムは20日、マイクロソフトのPDA向けOS最新版「Windows Mobile 5.0 日本語版」を採用した、シャープ製の新世代モバイルコミュニケーション端末「W-ZERO3」を、12月上旬に発売すると発表した。
 ウィルコムは20日、マイクロソフトのPDA向けOS最新版「Windows Mobile 5.0 日本語版」を採用した、シャープ製の新世代モバイルコミュニケーション端末「W-ZERO3(ダブリューゼロスリー)」を、12月上旬に発売すると発表した。価格はオープンで、発売当初の予想価格は「5万円を切る」と記者発表会の席上にてウィルコム社長・八剱洋一郎氏が語った。

 W-ZERO3は、解像度がVGAの3.7型高精細モバイルASV液晶ディスプレイを搭載し、通話もデータ通信もできる超小型無線通信モジュール「W-SIM(ウィルコムシム)」に対応したPDA製品。OSには「Windows Mobile 5.0 for Pocket PC」を搭載し、PCで作成したExcelやWordのデータ編集に加え、Power PointやPDFのデータの閲覧にも対応する。通信機能としてPHSの通話・通信が可能なことに加え、IEEE802.11b準拠の無線LANも内蔵しており、PHSによる通話と無線LANによるデータ通信を同時に行うことも可能だとしている。

 内蔵アプリケーションでは、ウィルコムの提供するEメールや直送メール(ライトメール)に加え、添付データのあるインターネットメールにも対応できるメールソフトを搭載。また、インターネットブラウザには、Flashを用いたページも閲覧できる「Internet Explorer Mobile」が採用されている。このほか、「Windows Media Player 10 for Pocket」や、Javaプラットフォーム「JBlend」、電子書籍ビューアーなどが搭載される。

 インターフェースには、タッチパネル液晶と併せて、QWERTY配列のスライド式キーボードを採用。また本体背面には、約133万画素CMOSのデジタルカメラを内蔵している。

 同日行われた新製品発表会には、ウィルコムの八剱社長に加え、シャープの情報通信事業を統轄している松本専務、OSを提供するマイクロソフトのダレン社長が列席。同製品に懸ける各社の姿勢が見て取れた。八剱社長は冒頭の新製品の概要紹介の中で、「テレビやラジオ、GPSナビ、Felicaへの対応も検討されたが、通信機器内蔵のPDAという斬新な製品をいち早くユーザーの方に使ってもらいたいため、今回は省かせていただいた」とコメント。また、マイクロソフトのダレン社長は、「発売日が『Xbox 360』と同日になるかもしれないと聞いた。そうなったら、秋葉原でXboxとX-ZERO3の両方を買うつもりだ」とコメントし、笑いを誘っていた。

 この発表会では、W-ZERO3の発売に伴い開始されるサービスとして、W-ZERO3に搭載された無線LAN機能を公衆無線LANサービスで使用できるオプションサービス「ウィルコム無線LANオプション」も発表された。これは、NTTコミュニケーションズが提供している「ホットスポット」を利用したサービスで、ウィルコムへのワンストップで公衆無線LANが利用できるようになるというもの。オプション料金は、AIR-EDGE PROの場合は無料、AIR-EDGEは700円となっている。なお、W-ZERO3ユーザーについては、2006年5月末まで試験サービスとして無料で提供する予定だとしている。

 また、着信メロディーや待ち受け画像のほか、W-ZERO3で使えるゲームや電子書籍を公開・販売する「SIM STYLE」専用ポータルサイトも新設されるという。

 質疑応答では、PDA部分に関する質問などが挙がり、SIM無しでもPDAとして動作することや、無線LAN利用時にはWindows Mobileとして「skype」も使える、といったことなどが確認された。また、追加機能への質問に対しては、「W-ZERO3はこれで完成というわけでなく今後も開発していき、今回省いた機能などもユーザーからの要望があれば、プラオリティをつけて考えていく」と、八剱社長は答えた。

 出荷台数は2005年内に10万台と、ウィルコムがターゲットと想定している「多機能ケータイを望むユーザー層:270万」+「PDAを求める潜在的なPCユーザー層:173万」というマーケットの443万台に遠く及ばない数字となっているが、新しいコンセプトの端末だけにこれが多いのか少ないのかは判断が難しいところだ。W-ZERO3が今後のPHS端末の行く末を占うといっても過言ではないだろう。

 W-ZERO3のおもな仕様は以下のとおり。

●型名:WS003SH(B)
 OS:Windows Mobile 5.0 for Pocket PC
 CPU:Intel PXA270 プロセッサ(416MHz)
 メモリー:Flash 128MB(本体システム領域等含む)、SDRAM 64MB(ワークエリア)
 表示:VGA(640×480ドット)3.7型65,536色モバイルASV液晶
 外形寸法:幅70×高さ130×厚さ26mm(キーボード収納時)
 質量:約220g(タッチペン、充電池含む)
 カードスロット:mini SDカードスロット、W-SIMスロット
 連続待受時間:約200時間(電波状態ランプ消灯時)
 連続通話時間:約5時間
 付属品:W-SIM、USBケーブル、Getting Start CD、ACアダプター、ソフトケース、取扱説明書など
《村上幸治》

特集

page top