劇場上映されない映像作品の大賞を決める「東京ネットムービーフェスティバル2005」 | RBB TODAY

劇場上映されない映像作品の大賞を決める「東京ネットムービーフェスティバル2005」

エンタメ 映画・ドラマ

 「東京ネットムービーフェスティバル2005」がインターネット上および六本木ヒルズの特別会場で、10月1日に開始された。同イベントは東京国際映画祭の関連企画として、2004年に始まったもので、今年で2回目。

 同イベントでは、映画館で上映される機会のない映像コンテンツ、ネットムービーを一般個人から募集する一般部門、特別企画作品の配信、企業のネットムービーを扱うブランド・コーポレート部門などで、10月1日から同サイトで優秀作品を順次紹介していく。

 10月29日には六本木ヒルズの特別会場においてグランプリが決定され、授賞式が行われる。現在、一般部門のノミネート10作品が同イベントのサイトで鑑賞できるほか、ブランドコーポレート部門のいくつかについては、対象となる映像へのリンクも用意されている。

 各部門の詳細と紹介作品は次のとおり。

◆一般部門
 「東京ネットムービーフェスティバル」のメイン・プログラム。応募総数296本の中から厳正な審査を経て勝ち残った優秀作品10本をネット公開。作品はCGアニメ、ドラマ、ナンセンス・ギャグ・ムービーなど多種多彩。
<ノミネート作品>
 『スタンド・バイ・ミー〜機巧的人生模様〜』(南澤伸監督)
 『Tiny』(柴田大平監督)
 『決して大きくはない家、決して多くはない家族』(植田久貴監督)
 『PULSATION』(八重樫肇春監督)
 『モダンレコーディングのマッドメン』(中山勇樹監督)
 『裏事情』(半田洋平 監督)
 『ガールフレンド』(布施哲也監督)
 『insanity』(堀内克之監督)
 『サクラエビ』(安西夏音監督)
 『アニマ』(ホッチカズヒロ監督)

◆ブランド・コーポレート部門
 国内外の企業、NPO、国・地方公共団体、またはそれに準ずる団体が広告宣伝プロモーションのために制作したネットムービーのコンペティション。審査・選考には「宣伝会議」が協力。
<ノミネート作品>
・NEC/NECパーソナルプロダクツ
 第1話『僕らのラヴィストーリー 人生はさかのぼれるか?』PART1/PART2
 第2話『僕らのバリューストーリー 飛び出したのは恋ごころ』
 第3話『僕らのバリューストーリー2 人生の色はいろいろ』
 第4話『僕らのバリューストーリー3 夢は大きく、果てしなく』
・川口オートレース
 『きみの秘密、僕のこころ』
・グラクソ・スミスクライン
 うつ啓発webドラマ『第三の訪問者』1〜8話
 Docter's edition/Patient edition
・コーセーコスメポート
 コーセーコスメポート サロンスタイル 『髪から始まる物語』三部作
・東陶機器
 『Re*model』
・西日本電信電話
 『ひかりちゃんとプレミーくんのタイムトラベル自然探しの大冒険!』(みんなで映画を作ろう!私の中の自然 プロジェクト)
・日産自動車
 ブログムービー『one more day』
・パイオニア
 『たっぷり亭のひとびとイケメンチ!』
  PART1:たっぷり亭に嫁がきた!
  PART2:おまじないのプレゼント  
  PART3:ついに新メニュー発見!?
  PART4:メガネがもたらした悲劇 
  PART5:イケてるメニュー誕生!?
  PART6:たっぷり亭運命の日
・松下電器産業
 『衣 —KOROMO—』
・ミズノ
 MIZUNO SUPERSTAR THE MOVIE 『10minute diary』第1話〜第5話

◆特別企画部門
 『グリーン・デイズ』(越坂康史監督)

◆特別招待作品
 KADOKAWA Web Cinema『香港バタフライ』(森淳一監督)
《竹内充彦》

関連ニュース

特集

page top