ウィルコム、4x対応フルブラウザ搭載の音声端末と、データ定額サービスの開始を発表 | RBB TODAY

ウィルコム、4x対応フルブラウザ搭載の音声端末と、データ定額サービスの開始を発表

ブロードバンド その他

 ウィルコムとウィルコム沖縄は、新しい音声端末ラインナップとしてフルブラウザを標準搭載した300および310シリーズを11月下旬から順次発売すると発表した。
  •  ウィルコムとウィルコム沖縄は、新しい音声端末ラインナップとしてフルブラウザを標準搭載した300および310シリーズを11月下旬から順次発売すると発表した。
  •  ウィルコムとウィルコム沖縄は、新しい音声端末ラインナップとしてフルブラウザを標準搭載した300および310シリーズを11月下旬から順次発売すると発表した。
  •  ウィルコムとウィルコム沖縄は、新しい音声端末ラインナップとしてフルブラウザを標準搭載した300および310シリーズを11月下旬から順次発売すると発表した。
  •  ウィルコムとウィルコム沖縄は、新しい音声端末ラインナップとしてフルブラウザを標準搭載した300および310シリーズを11月下旬から順次発売すると発表した。
 ウィルコムとウィルコム沖縄は、新しい音声端末ラインナップとしてフルブラウザを標準搭載した300および310シリーズを11月下旬から順次発売すると発表した。また、音声定額サービス「ウィルコム定額プラン」のユーザー向けに、新たに「データ定額」サービスを11月下旬から提供する。音声端末からのインターネット利用定額のほか、PCと接続してのデータ通信についても定額料金が設定される。

 新たに発売されるのは3メーカーから4機種。いずれもフルブラウザを標準搭載し、POP3/SMTPに対応しているほか、QVGA液晶を搭載、またPCとの接続に対応する。さらに、端末の紛失や盗難などの際に、遠隔操作で操作をロックしたり、保存データを一括消去したりできる「リモートロック機能」も、全機種で対応または対応予定となっている。

 上位の310シリーズ3機種はいずれも4xパケット通信(128kbps)に対応しており、300シリーズも1xパケット通信(32kbps)が利用できる。また今回の310シリーズ3機種は、いずれもMiniSDカードが利用でき、USBマスストレージクラスに対応。さらにドキュメントビューワー機能を備え(一部機種では別途有償)、メールに添付されている場合を含めてPCで作成したデータファイルを閲覧できる。

 京セラのWX310KはBluetoothに対応し、130万画素カメラを備えるほか、別途有償で動画(MPEG4)にも対応するが、Javaは搭載していない。三洋のWX310SAはJava(MIDP2.0)を搭載し、130万画素カメラを備える。日本無線のWX310Jは今回の4機種中唯一のストレートタイプで、Java(MIDP2.0)を搭載するほか、指紋認証機能を備え、またこの指紋認証に用いるセンサは4方向移動のポインティングデバイスとしても利用できるが、カメラは内蔵していない。300シリーズは京セラのWX300Kの1機種のみ。基本機能に特化しており、35万画素カメラを備える。発売はWX310Jのみ来年1月中旬、その他の機種は今年11月下旬の予定。

 また、データ定額サービスは11月下旬から、今回発表の新機種を含めたウィルコムの全音声端末(通話先限定端末は除く)に対して提供される。すでにウィルコム定額プランでは、ウィルコム端末間の音声通話と、Eメールとが月額定額料金だけで利用できるが、今回のデータ定額では、4xおよび1xのパケットデータ通信までもが定額で利用できるようになるもの。データ定額の提供対象はウィルコム定額プランのユーザーとなる。

 データ定額では2種類の料金があり、いずれも一定パケット数までの下限定額の後、パケット数増に応じた従量部分があり、さらに特定のパケット数に達すると、それ以上は上限定額となる仕組み。

 音声端末単体でインターネットを利用する場合、ウィルコム定額プラン2,900円に加えて、1,050円で10万パケットまで無料となる。10万パケットを超えた分については従量課金となるが、請求上限額の3,800円(およそ36万パケット、ウィルコム定額プランとの合計6,700円)以上はどれだけ使っても定額のままとなる。

 PCと接続してのデータ通信や、内部ブラウザでウィルコム以外のプロバイダを設定しての利用などを含めて、データ通信全般を利用する場合には、10万パケットまで1,050円、以後が従量課金という点では同じだが、請求上限額が6,300円(およそ36万パケット、ウィルコム定額プランとの合計9,200円)となる。
《小笠原陽介》

特集

page top