ソニー、2.5型の回転液晶で自分撮りや動画撮影も可能な「サイバーショット DSC-M2」 | RBB TODAY

ソニー、2.5型の回転液晶で自分撮りや動画撮影も可能な「サイバーショット DSC-M2」

IT・デジタル デジカメ

サイバーショット DSC-M2
  • サイバーショット DSC-M2
 ソニーは、510万画素CCDによる静止画記録に加え、MPEG4方式「MPEGムービー4TV」の採用により、毎秒約30フレームでHi8ビデオカメラ並みの高画質映像を録画できる1台2役のデジタルカメラ「サイバーショット DSC-M2」を10月21日に発売する。本体カラーは、光沢感や潤い感のあるホワイト、ピンク、シルバーの3色を用意。価格はオープンで、実売予想価格は5万円前後。

 DSC-M2は、有効510万画素の1/2.5型CCDとカールツァイスの光学3倍ズームレンズ「バリオ・テッサー」を搭載したコンパクトモデル。2.5型の回転式液晶ディスプレイを搭載しており、ディスプレイ部を回転させることで静止画や動画の「自分撮り」ができる携帯電話のようなデザインが特徴だ。

 記録メディアは、メモリースティック デュオと同 PRO デュオを採用。最大記録サイズは、静止画が2,592×1,944ピクセル、動画が640×480ピクセル(30fps)となる。

 撮影時にメモリースティックへ画像を保存すると同時に、VGAサイズで最大1,100枚まで本体内メモリに自動保存する機能「ポケットアルバム」を新たに搭載。ポケットアルバムの画像は、メモリースティックから画像データをPCに移行した後でもそのまま保持されるため、いつでも持ち歩けるアルバムとして利用できる。

 また、メモリースティックやポケットアルバムに保存した画像を、本体上で自動的に編集された音楽つきのスライドショーとして再生することも可能だ。さらに、PC用の動画編集/DVD作成ソフト「Nero Vision Express3」を同梱する。

 本体サイズは、幅51.2×高さ123.1×奥行き32.4mm、撮影時重量は約210g。
《村上幸治》

関連ニュース

特集

page top