ソニー、デジタル無線方式により受信範囲が広がったワイヤレスヘッドホン2機種 | RBB TODAY

ソニー、デジタル無線方式により受信範囲が広がったワイヤレスヘッドホン2機種

IT・デジタル その他

 ソニーは、ワイヤレスの手段に「2.4GHzデジタル無線伝送方式」を採用することで、受信範囲の拡大と高音質を実現したワイヤレスヘッドホン2機種を10月10日に発売する。

 ラインアップは、サラウンドヘッドホン「MDR-DS6000」と、ステレオヘッドホン「MDR-RF5000K」で、価格はオープン。実売予想価格は、MDR-DS6000が30,000円前後、MDR-RF5000Kが20,000円前後。

 今回発売される2機種は、従来の赤外線伝送方式と比べ、送信ユニットとヘッドホンの間に人が通ったり、壁やドアなどの遮断物があっても音が届きやすい「2.4GHzデジタル無線伝送方式」を採用したワイヤレスヘッドホンシステム。また、16bit非圧縮デジタル伝送を採用したことにより、CDと同等の高音質で音楽を楽しめるとしている。なお、信号の到達距離は、最長で約30mとなっている。

 上位機種であるMDR-DS6000には、各種サラウンドのデコード機能が搭載されており、ドルビーデジタル、DTS、ドルビープロロジックII、MPEG-2 AACに対応しているのに加え、映画視聴時や音楽再生時向けのエフェクト機能も装備されている。

 形式などは2機種共通で、口径40mmのドライバーユニットを搭載した密閉ダイナミック型で、重さは約360g。バッテリーは、付属の専用充電式ニッケル水素充電池1本、または単3アルカリ乾電池2本で、電池持続時間は、専用電池で7時間、アルカリ乾電池で5時間。なお、充電は送信機の上に置くことで行われる仕組みだ。
《村上幸治》

関連ニュース

特集

page top