AVC、スピーカー内蔵のフラッシュメモリプレーヤー「SN-M600」 | RBB TODAY

AVC、スピーカー内蔵のフラッシュメモリプレーヤー「SN-M600」

IT・デジタル その他

SN-M600
  • SN-M600
  • 左からシルバー、オレンジ、ブルー
 AVCテクノロジージャパンは、デジタルオーディオプレーヤー「SIGNEO」の新ラインアップとして、フラッシュメモリ搭載モデル「SN-M600」を9月2日に発売する。カラーバリエーションは、シルバー、オレンジ、ブルーの3色、メモリ容量は256Mバイト、512Mバイト、1Gバイト、2Gバイト(シルバーのみ)の4タイプ。価格はオープンで、Web直販サイトでの販売価格は、256Mバイトが16,800円、512Mバイトが21,800円、1Gバイトが29,800円、2Gバイトが43,800円。

 SN-M600は、本体に500mWのスピーカーを内蔵し、イヤホンなしでも音楽を楽しめるのが特徴。ディスプレイにCSTNカラー液晶を搭載するほか、グラフィカルなメニュー画面を採用する。

 また、本体背面にスライド式のUSBコネクタを備えており、ケーブルレスでPCと接続できるのに加え、USBマスストレージクラスにも対応する。

 音楽再生では、MP3をはじめWMA、Ogg Vorbis、ASF、WAVEといった音楽データの再生に対応。また、プレーヤー本体でMP3録音できるダイレクトエンコーディング機能も搭載する。

 このほか、ワールドバンド対応のFMチューナー/レコーダーやボイスレコーダーも搭載。さらに、液晶ディスプレイで画像やテキストファイルを表示したり音楽に合わせて歌詞を表示する機能、ミニゲームやテレビのリモコンとして使える赤外線リモコン機能などを装備している。

 本体サイズは幅30×高さ68×奥行き18mm、重さは約42g。バッテリーには内蔵型のリチウムポリマー充電池を採用しており、2時間充電で30時間の連続再生が可能だ(スピーカー利用時は6時間)。
《村上幸治》

関連ニュース

page top