リコー、録画残量が一目でわかるパッケージ採用の録画用8倍速DVD-Rなど | RBB TODAY

リコー、録画残量が一目でわかるパッケージ採用の録画用8倍速DVD-Rなど

IT・デジタル レコーダー

 リコーは、記録残量表示ウィンドウなどライブラリー管理のしやすい工夫を施したパッケージの録画用8倍速記録対応ディスクと、通常パッケージのデータ用16倍速記録対応ディスクを9月9日から順次発売する。価格はいずれもオープン。

 新しい録画用ディスクは、ディスクのデータ記録済み部分と未記録部分の境界を残量表示ウィンドウの目盛りと照らし合わせることで、録画可能な残り時間の目安を知ることが可能なケースに入っているのが特徴。

 さらに、ケース背面用のタイトルシールが同梱されているとともに、フロントジャケットに文書用バインダーのようにケースから飛び出すインデックスタブを追加。タイトルシールやインデックスタブへのタイトルの記入により、ラックなどに並べたたくさんのディスクから、見たいディスクを一目で探すことができる。

 また、インクジェットプリンタによるレーベル印刷にも対応し、内周22mmまでのワイド印刷が可能だ。加えて、徳用パッケージとしてスピンドルケース入りの20枚パック、50枚パックも用意されている。なお、同パッケージには記録残量の目盛りが付いた残量確認ディスクが同梱される。

 一方のデータ用16倍速記録対応のDVD-Rも、録画用同様インクジェットプリンタにより内周22mmまでのワイド印刷に対応している。

 新ラインアップは以下のとおり。

■録画用ディスク「色鮮録画シリーズ」

●Pケース入り録画用DVD-R(8倍速対応)
・DM8RV-WC10CW-CC:10枚パック、カラーMIXレーベル
・DM8RV-WW10CW-CC:10枚パック、ホワイトレーベル
・DM8RV-WC20SC-CC:20枚パック、カラーMIXレーベル(9月下旬発売予定)

・DM8RV-WW20SC-CC:20枚パック、ホワイトレーベル(9月下旬発売予定)
●スピンドルケース入り録画用DVD-R(8倍速対応)
・DM8RV-WW20SP:20枚パック、ホワイトレーベル
・DM8RV-WW50SP:50枚パック、ホワイトレーベル

■Pケース入りデータ用DVD-R(16倍速対応)
・DM16RD-S5CW:5枚パック、シルバーレーベル(インクジェットプリンタ非対応)
・DM16RD-WW5CW:5枚パック、ホワイトレーベル
《村上幸治》

特集

page top