ソフトバンクIDC、子会社を吸収合併し、グループのデータセンターサービスを強化 | RBB TODAY

ソフトバンクIDC、子会社を吸収合併し、グループのデータセンターサービスを強化

IT・デジタル その他

 ソフトバンクIDCは、全額出資子会社のアバヴネットジャパンと2005年10月1日に合併すると発表した。存続会社はソフトバンクIDCとし、両社の経営陣および社員は統合される。

 合併により、今後はソフトバンクグループのブロードバンド・インフラ事業の中核として、データセンター事業No.1カンパニーを目指すとしている。

 アバヴネットジャパンは、これまで、データセンターサービスやIPネットワークサービスを提供してきた。ソフトバンクIDCは、現在、全国7か所のデータセンターで1,600社以上の顧客に対してセキュリティや運用監視を含むデータセンターソリューションを提供している。
《竹内充彦》

特集

page top