三洋、HD DVD用信号処理LSIを開発 HD DVD/DVD/CDの記録再生を1チップで実現 | RBB TODAY

三洋、HD DVD用信号処理LSIを開発 HD DVD/DVD/CDの記録再生を1チップで実現

IT・デジタル レコーダー

 三洋電機は11日、HD DVD用信号処理LSIを開発したと発表した。本LSIは、HD DVDの記録再生機能と、DVD/CDの記録再生機能、CPUを1チップで実現しており、2006年春以降の量産出荷を予定している。このHD DVD/DVD/CDの3方式互換LSIを使用することにより、HD DVDドライブの低コスト・省スペース化が可能となる。

 3方式互換ドライブLSIのパッケージは216ピン、0.18μm(CMOS)プロセスを採用。電源は、アナログとデジタルともに3.3V。搭載機能は、HD DVD記録再生と、DVD±R/RW記録再生、DVD-RAM/ROM再生、CD-R/RW記録再生、CD-ROM再生となる。また、HD DVDで採用される著作権管理機能「AACS」(Advanced Access Content System)にも対応する予定だ。

 また、本LSIを採用したHD DVDプレーヤーやHD DVDレコーダーを順次商品化していくという。
《高柳政弘》

特集

page top