米Microsoft、「Windows Genuine Advantage」の正式運用を全世界で開始 | RBB TODAY

米Microsoft、「Windows Genuine Advantage」の正式運用を全世界で開始

 米Microsoftは現地時間25日、正規Windowsの推奨プログラム「Windows Genuine Advantage」(WGA)の正式運用を全世界で開始したと発表した。

IT・デジタル その他
 米Microsoftは現地時間25日、正規Windowsの推奨プログラム「Windows Genuine Advantage」(WGA)の正式運用を全世界で開始したと発表した。WGAは3月15日から試験的に運用されており、今回、バージョン1として正式運用が開始された。

 正式運用が開始されたことにより、「Windows Update」と「Microsoft Update」、「Microsoft ダウンロードセンター」の初回アクセス時に、WGAによるライセンスの確認が必要になる。なお重要性の高いパッチについては、ライセンスの確認は不要だ。

 ほか、試験運用中にWGAでライセンス確認を行う際には、プロダクトキーの入力が必要だったがこれが省略された。

 さらに、偽造されたWindowsXPを知らずに購入してしまったユーザに対する救済措置も執られる。偽造ソフトウェア購入報告書、購入証明書、偽造版CD-ROMをマイクロソフトに提出すると、正規のWindows XPが提供される。また、偽造ソフトウェア報告書のみを提出した場合は、「Windows XP Home Edition Windows Genuine Advantage Kit」を12,375円、「Windows XP Professional Windows Genuine Advantage Kit」が18,625円で提供される。
《安達崇徳》

特集

page top