MSN、夏休みの長期不在に対応するため、Hotmailアカウント有効期間を9/15まで自動延長 | RBB TODAY

MSN、夏休みの長期不在に対応するため、Hotmailアカウント有効期間を9/15まで自動延長

エンタメ その他

 マイクロソフトは、MSN Hotmailサービスのアカウント有効期間を、これまでの30日間から、夏休み期間限定で、9月15日まで自動延長する。

 アカウント有効期間延長期間は2005年7月1日〜2005年9月15日となる。つまり7月1日以降に一度でもHotmailを使用していれば、既存ユーザーおよび新規ユーザーともに、9月15日まで期限切れ対象から除外されることとなる。9月15日以降はあらためて30日に一度のサインインが必要となる。通常、Hotmailアカウントを取得した後30日間まったく利用されなかった場合、自動的に失効するためだ。

 「アカウント有効期間の延長」は、ユーザのサービス改善要望のうちでも、もともと多かったものの1つ。マイクロソフトは、トライアル的に夏休み期間限定で実施することで、今後の有効期間延長や、長期休暇時期に合わせた期間延長施策を検討していく予定としている。

 夏のバカンスは、ついついノンビリしてしまいがち。今年はHotmailの利用期間を気にせずにゆっくりと楽しもう。
《冨岡晶》

特集

page top