AirMacベースステーションの最新ファームウェアがリリース。WPA2を修正 | RBB TODAY

AirMacベースステーションの最新ファームウェアがリリース。WPA2を修正

 アップルコンピュータは、無線LANのベースステーション(アクセスポイント)の最新ファームウェア4.2を公開した。WPA2の互換性、IPv6リンクローカル設定の問題が解決されている。

IT・デジタル その他
 アップルコンピュータは、無線LANのベースステーション(アクセスポイント)の最新ファームウェア4.2を公開した。WPA2の互換性、IPv6リンクローカル設定の問題が解決されている。

 対象になるのは、すべての「AirMac Extreme」と「AirMac Express」。Mac OS X 10.3.3/10.4.2はもとより、Windows 2000/XPからもアップデートが行える。
《安達崇徳》
page top