アッカ、NTTコミュニケーションズの「e-VLAN」に法人向け光アクセス回線を提供 | RBB TODAY

アッカ、NTTコミュニケーションズの「e-VLAN」に法人向け光アクセス回線を提供

エンタープライズ その他

 アッカ・ネットワークス(アッカ)は14日、NTTコミュニケーションズ(NTT-Com)の広域イーサネットサービス「e-VLAN」に対し、0.5Mbpsから10Mbpsまでの11タイプによる法人向け光アクセス回線「イーサアクセス(ACCAタイプ)」を、7月15日より提供すると発表した。

 開始当初の提供地域は、北海道から福岡まで11都道府県136箇所のNTT収容局で、順次サービス提供エリアを広げ、12月までには約400局に拡大する予定だとしている。

 イーサアクセス(ACCAタイプ)は、アッカのATM中継網とNTT東西地域会社のダークファイバ(占有型)で構成されたネットワークで、ATM技術を利用し高度なセキュリティレベルを実現しているという。また、ユーザ側インタフェースは、イーサネットインタフェースとなっているため、ATM−イーサ変換装置などを準備するコストが省けるとしている。

 さらに、開通までのサポートは、法人向けサービスオーダ専任スタッフが担当し、ユーザごとの環境や要望に配慮した柔軟な対応が行われるとしている。また、ATM中継区間の24時間365日監視/故障対応、アクセス区間の24時間365日故障受付/駆付け対応、メンテナンス工事の深夜・早朝時間帯実施など、企業ユーザの日常業務に配慮した保守オペレーションが実施されるという。
《村上幸治》

特集

page top