ビクター、印刷可能領域を広げた録画用DVD-RWと10色カラーミックスの録画用DVD-R | RBB TODAY

ビクター、印刷可能領域を広げた録画用DVD-RWと10色カラーミックスの録画用DVD-R

IT・デジタル レコーダー

VD-W120PL10
  • VD-W120PL10
  • VD-R120XL10
  •  日本ビクターは、従来製品よりホワイトレーベルの印刷可能領域を広くした録画用DVD-RWディスクと、レーベル面に10色のバリエーションを持つカラーミックスパッケージの録画用DVD-Rディスクを7月15日に発売する。
 日本ビクターは、従来製品よりホワイトレーベルの印刷可能領域を広くした録画用DVD-RWディスク2モデルと、レーベル面に10色のバリエーションを持つカラーミックスパッケージの録画用DVD-Rディスク2モデルを7月15日に発売する。価格はすべてオープン。

 ラインアップは、録画用DVD-RWディスクが5枚パックの「VD-W120PL5」と10枚パックの「VD-W120PL10」、録画用DVD-Rディスクが10枚パックの「VD-R120XL10」と20枚パックの「VD-R120XL20」。

 録画用DVD-RWディスクのVD-W120PLxは、印刷可能領域が内径24mm〜外径118mmと、従来品に比べ内周の方へ印刷可能領域を広げた製品。2倍速録画やCPRMに対応している。

 録画用DVD-RディスクのVD-R120XLxxは、レーベル面に10色のカラーバリエーションを持たせた製品。インクジェットプリンタ対応レーベルを採用し、8倍速録画に対応している。
《村上幸治》

特集

page top