So-net、戦前戦後の名作映画をインターネット配信する会員制サイト開始 | RBB TODAY

So-net、戦前戦後の名作映画をインターネット配信する会員制サイト開始

エンタメ 映画・ドラマ

 「嵐が丘」「黄色いリボン」「フランケンシュタインの花嫁」「椿姫」「マルクス兄弟オペラ座の夜」「踊る大紐育」などなど、モノクロームと原色のノスタルジーがインターネットで甦る。

 So-netは、名作映画をインターネット配信する会員制サイト『御殿山名画座』を7月4日にオープンした。SF、サスペンス、コメディ、戦争、ミュージカル、ロマンス、西部劇、その他の各ジャンルごとに分かれており、1930〜50年代の戦前戦後の名画を中心に配信する。

 『御殿山名画座』では高画質ビデオオンデマンドソリューション「SeeVideo」が利用されており、サービス開始時に約100タイトルを配信、その後毎月10タイトルの作品を更新していく予定。現在配信可能タイトル数は約300本。

 料金は、2,520円で1か月間作品見放題の「1ヶ月シネマパスポート」、315円で1作品を2日間見放題の「1作品視聴」とがある。8月からは、3か月見放題のパックメニューも導入する予定としている。サービス開始記念として、7月31日(日)登録分まで視聴料金の初月分を無料とするキャンペーンを実施している。

 レンタルビデオ店でもなかなか見つからない、モノクロ洋画・テクニカラー洋画の数々。昔懐かしいキネマの匂いに浸りたいなら、これからは名画が満載の『御殿山名画座』だ。

 配信帯域は900kbpsと400kbps。視聴には「SeeVideo」のインストールが必要。なお、Macintoshはサポート対象外となっている。
《冨岡晶》

特集

page top