松下、ラジオチューナー搭載のMP3再生対応ポータブルCDプレーヤー | RBB TODAY

松下、ラジオチューナー搭載のMP3再生対応ポータブルCDプレーヤー

IT・デジタル その他

SL-CT582V
  • SL-CT582V
 松下電器産業は、高音質なデジタルアンプを搭載したチューナー付ポータブルCDプレーヤー「SL-CT582V」を6月10日に発売する。本体色はシルバーで、価格はオープン。

 SL-CT582Vは、高音質デジタルアンプや高音質インサイドホンを採用しサウンドを追求したモデル。従来のイコライザー機能(S-XBS、S-XBS+、TRAIN)に加え、リスニングルームのスピーカーで聴いているようなサウンド(3D-1、SD-2)をインサイドホンで楽しめるのが特徴だ。

 また、MP3ファイルが記録されたCD-R/RWの再生に対応し、最大で約141時間の長時間再生が可能。さらに、海外でも使えるワールドワイド対応のFM/AMデジタルチューナーを内蔵しており、CDとラジオの両方が楽しめるようになっている。

 本体サイズは幅136.7×奥行き137.2×高さ25.0mm、重さは約194.5g(付属の充電池含む)。

 バッテリーは単4形乾電池×2本が採用されており、購入時にはニッケル充電式電池が付属する。また、単3形乾電池用の外付け乾電池ケースと併用することで再生時間を延ばすことも可能だ。

 電池持続時間は付属充電式電池のみの場合で、MP3再生時で約28時間、CD-DA再生時で約15時間、ラジオ受信時で約21時間。また、単4形アルカリ乾電池と単3形アルカリ乾電池の組み合わせ使用時には順に、約141時間、約75時間、約106時間となっている。
《村上幸治》

特集

page top