松下、デジタルハイビジョンテレビ「VIERA」9機種を発表 CMキャラクターの小雪も登場 | RBB TODAY

松下、デジタルハイビジョンテレビ「VIERA」9機種を発表 CMキャラクターの小雪も登場

IT・デジタル テレビ

発表会には、VIERAイメージキャラクターの小雪も登場
  • 発表会には、VIERAイメージキャラクターの小雪も登場
  • 「VIERAで映画を見ると、高画質を実感できると思います。映画の撮影ではライティングにこっていますが、(従来の)テレビの画面で見ると、光や影の部分を再現できることが少ないと感じていました。でも、今回のVIERAでは、その点もきちんと映し出されています。また、肌の色もすごくきれいですね」(小雪)
  •  松下電器産業は6日、薄型テレビ「VIERA(ビエラ)」シリーズの新製品として、デジタルハイビジョンプラズマテレビ3機種と、デジタルハイビジョン液晶テレビ6機種を5月1日に発売すると発表した。
  •  松下電器産業は6日、薄型テレビ「VIERA(ビエラ)」シリーズの新製品として、デジタルハイビジョンプラズマテレビ3機種と、デジタルハイビジョン液晶テレビ6機種を5月1日に発売すると発表した。
 松下電器産業は6日、薄型テレビ「VIERA(ビエラ)」シリーズの新製品として、地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンプラズマテレビ「PX500シリーズ」3機種と、地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ「LX500/LX50シリーズ」6機種を5月1日に発売すると発表した。都内で行われた発表会には、VIERAのCMキャラクターを務める女優の小雪が登場し、新製品をアピールした。価格はいずれもオープン。

 PX500シリーズは、地上・BS・110度CSデジタルチューナーを2個搭載したプラズマテレビ。製品ラインアップは、50V型、42V型、37V型の3種類を用意する。実売予想価格は大きいサイズから順に、65万円前後、50万円前後、40万円前後。

 LX500シリーズは、デジタルWチューナーと、動画のぼやけを低減する新開発の「クリアフォーカス駆動」技術を搭載した、高級タイプのデジタルハイビジョン液晶テレビ。液晶パネルには、上下左右視野角176度のIPS方式を採用する。製品ラインアップは、32V型と26V型の2種類。実売予想価格は、32V型が35万円前後、26V型は30万円前後となる。

 LX50シリーズは、スタンダードタイプのデジタルハイビジョン液晶テレビ。サイズは、32V型、26V型、23V型、19V型の4種類。32V型と26V型の液晶パネルには、上下左右視野角176度のIPS方式を採用する。実売予想価格は大きいサイズのほうから、30万円前後、25万円前後、20万円前後、16万円前後の見込み。

 同社パナソニックマーケティング本部本部長の牛丸俊三氏は、今年のテーマとして「映画を見るならプラズマ」と述べ、「プラズマテレビは、リビングの明るさで見ると、黒が締まってくっきり、きれい」とアピールした。薄型テレビの戦略としては、37V型以上はプラズマ、32V型以下は液晶で、商品を展開していくという。


 また牛丸氏は、家電量販店の展示コーナーの実情を次のように述べた。「最近、(一部の大型家電)量販店に行くと、プラズマテレビのコーナーの照明が落とされている。これは、一般的な家庭のリビングルームの明るさが約150ルクスに対し、量販店の明るさは約2,000ルクスと大きな差があるために、リビングの明るさに合わせての演出だ」と説明。

 同社はプラズマテレビの長所を一般消費者に理解させるため、量販店とともにこの点をさらに訴求していくという。
《高柳政弘》

特集

page top