愛・地球博で3/31、学生のための「第6回JCF映画祭」開催 | RBB TODAY

愛・地球博で3/31、学生のための「第6回JCF映画祭」開催

エンタメ その他

 愛知で開かれる「愛・地球博」長久手会場内のEXPOホールで3月31日(木)、「第6回JCF映画祭」が開かれる。

 この映画祭は日本の将来を担う若手クリエイターを発掘・育成するため、学生に門戸を開くものだ。一般公募はすでに締め切られており、3月15日には第一次審査の結果発表が行われ、入賞作品がストリーミング配信されている。

 当日は上映会とグランプリ作品の発表・授賞式が行われる。また4月4日からは、グランプリ受賞者のインタビューがストリーミング配信される。

 この映画祭の特徴のひとつは、学生映画監督を資金面でバックアップするしくみ「スカラシップ制度」がある点だ。今回はグランプリ受賞監督=500万円、準グランプリ受賞監督(または審査員特別賞受賞監督)=100万円となっている。

 また今回からネットシネマ・ポータル「NETCINEMA.TV」がスカラシップ制度のパートナーとして加わっており、これにより入賞作品をDVD化し全国のビデオ/CDVショップなどで一般販売するなどの支援態勢が整った。

 最終審査員は、林海象(映画監督)、飯田譲治(同)、大滝純(同)などが務める。
《松岡美樹》
page top