[愛・地球博] 入場だけじゃない。愛・地球博の入場券 | RBB TODAY

[愛・地球博] 入場だけじゃない。愛・地球博の入場券

エンタープライズ その他

 「2005年日本国際博覧会」(略称:愛知万博、愛称:愛・地球博)が3月25日に開幕する。これに先駆けて3月18日から20日の3日間に渡り、内覧会が開催された。
  •  「2005年日本国際博覧会」(略称:愛知万博、愛称:愛・地球博)が3月25日に開幕する。これに先駆けて3月18日から20日の3日間に渡り、内覧会が開催された。
  •  「2005年日本国際博覧会」(略称:愛知万博、愛称:愛・地球博)が3月25日に開幕する。これに先駆けて3月18日から20日の3日間に渡り、内覧会が開催された。
  •  「2005年日本国際博覧会」(略称:愛知万博、愛称:愛・地球博)が3月25日に開幕する。これに先駆けて3月18日から20日の3日間に渡り、内覧会が開催された。
  •  「2005年日本国際博覧会」(略称:愛知万博、愛称:愛・地球博)が3月25日に開幕する。これに先駆けて3月18日から20日の3日間に渡り、内覧会が開催された。
 「2005年日本国際博覧会」(略称:愛知万博、愛称:愛・地球博)が3月25日に開幕する。これに先駆けて3月18日から20日の3日間に渡り、内覧会が開催された。

 愛・地球博は、「自然の叡智」をテーマに愛知県長久手町、瀬戸市、豊田市にまたがる会場で、3月25日から9月25日までの6か月間に渡り開催される。会場までの交通手段として、浮上型リニアモーターカー「リニモ」のほか、会場内の移動手段として無線通信による編隊を組んで自動運転するバス「IMTS」、電気自動車「グローバル・トラム」、「自転車タクシー」が用意されているのが特徴だ。

 このように、多彩な乗り物が用意されている愛・地球博だが、入場券にも大きな仕掛けがある。0.4mm角のICに128ビットのIDが書き込まれている「ミューチップ」が埋め込まれているのだ。このミューチップにより、さまざまなサービスが利用できる。おもに、パビリオンの予約、「EXPOエコマネー」、パーソナライズの3つがあげられる。

 まずは出発前。この入場券には12桁のIDが書かれているが、公式サイトに入力することで、パビリオンの入場予約ができるのだ。予約は、1日2つまでで、1か月前から受付が開始される。当日、会場に到着したらパビリオンの前に設置してある「パビリオン入場予約」に入場券をかざすことで、予約した時間にパビリオンに入場できる。

 「EXPOエコマネー」は、会場内での環境学習や買い物などで貯まるポイントだ。また、会場外であっても提携店舗にてレジ袋を持参するとポイントが蓄積される。このEXPOエコマネーだが、入場券のIDで管理されるのだ。なお、貯まったポイントは、植林事業への寄付、エコ商品との交換、プレゼントの応募に使える。

 このミューチップを生かしたパビリオンが「日立グループ館」だ。ここでは、パビリオンの入り口で、入場券を差し出し、名前を告げ自分の顔を撮影。中のアトラクションに入ると、自分の名前が呼びかけられたり、顔写真が映し出されたりする。また、日立グループ館の公式サイトにて、入場券のIDと入場日を入力すると、ここで撮影された写真がダウンロードできるのだ。

 さらに、日立グループ館の公式Webサイトには希少動物の育成シミュレーションソフト「Ocean Contact」が用意されている。ここで育てた動物だが、データをアップロードしておくと...。これは、パビリオンを訪れてからのお楽しみということで。

 このように、会場内でも頻繁に入場券を取り出す必要がある。オフィシャルグッズでも用意されているが、首からぶら下げるカードケースがあると便利だろう。
《安達崇徳》
page top