エプソン、静止画・動画再生機能を向上したフォトストレージビューアのバージョンアップ版 | RBB TODAY

エプソン、静止画・動画再生機能を向上したフォトストレージビューアのバージョンアップ版

IT・デジタル デジカメ

Photo Fine Player P-2000
  • Photo Fine Player P-2000
 セイコーエプソンは、静止画・動画再生機能を向上したマルチメディアストレージビューア「Photo Fine Player P-2000」のバージョンアップ版を3月22日に出荷する。価格はオープンで、実売予想価格は5万円台後半。

 P-2000のバージョンアップ版では、静止画(JPEG)の最大表示可能サイズが1,780万画素まで対応し、キヤノンの「EOS-1Ds Mark II」やニコンの「D2X」など1,000万画素を超える画像も表示できるようになった。さらに、下記のデジタル一眼レフカメラのRAWデータ表示に対応。RAWデータの全画面表示は、コニカミノルタの「α-7 DIGITAL」、ペンタックスの「*ist D」および「*ist DS」の3機種を、サムネイル画面表示ではオリンパスの「E-1」と「E-300」を新規にサポートした。

 動画の再生可能ビットレートおよびフレームレートは、従来の1.5Mbps/24fpsから、平均時2.5Mbps、ピーク時は3Mbps/30fpsまで対応。

 また、三洋電機製デジタルムービーカメラ「Xacti Cシリーズ」(DMX C-1/4/5)で撮影されたMPEG4動画の再生に対応している。

 そのほかのハードスペックは、従来同様、3.8型液晶「Photo Fine」と40GバイトHDDを装備。本体には、コンパクトフラッシュカードスロットとSDメモリーカードスロットを内蔵する。

 P2000の既存ユーザーは、同社Webサイトからファームウェアをダウンロードすることで、同様のバージョンアップが可能だ。バージョンアップには、32Mバイト以上のコンパクトフラッシュまたはSDメモリーカードが必要となる。
《高柳政弘》

特集

page top