松下、高さ90cmからの落下に耐えられる頑丈設計ノートPC「タフブック」4機種 | RBB TODAY

松下、高さ90cmからの落下に耐えられる頑丈設計ノートPC「タフブック」4機種

 松下電器産業は、堅牢ノートPC「TOUGHBOOK(タフブック)」の新製品として、「29シリーズ」2モデル、「18シリーズ」2モデルの計4モデルを、3月7日から順次発売する。

IT・デジタル ノートPC
29シリーズ
  • 29シリーズ
  • 18シリーズ
 松下電器産業は、堅牢ノートPC「TOUGHBOOK(タフブック)」の新製品として、「29シリーズ」2モデル、「18シリーズ」2モデルの計4モデルを、3月7日から順次発売する。

 TOUGHBOOKは、90cmの高さからの落下耐衝撃仕様に加え、振動・水・ホコリに強い頑丈設計が特徴。本体キャビネット主要部分に、プラスチックの20倍の強度をもつマグネシウム合金を採用するほか、ハードディスクを特殊緩衝材で保護し、さらにメタルケースに封入することで衝撃を吸収している。また、屋外での使用時にも見やすいようにAR処理タッチパネル機能付きの340cd/m2高輝度液晶ディスプレイを搭載している。

 29シリーズは、13.3型液晶ディスプレイを採用し、光学ドライブに入れ替え可能なマルチメディアポケットを搭載した標準モデル「CF-29JC1AXS」と、沿岸や船上での使用を想定した耐塩害仕様モデル「CF-29JC9AXS」の2モデル。実売予想価格は、CF-29JC1AXSが45万円前後、CF-29JC9AXSが50万円前後の見込み。

 スペックは、CPUに低電圧版Pentium M 738(1.40GHz)、メモリに256MバイトDDR SDRAM、40GバイトHDDを搭載。インターフェースにはEthernetポート、USB2.0×2、PCカードスロット×2、外部VGA出力を装備している。本体サイズは幅302×奥行き273×高さ63.5mm、重さは約3.6Kg。バッテリー駆動時間は約8時間となる。

 18シリーズは、10.4型液晶ディスプレイを180度回転させ、ペンPCスタイルでも使用可能な標準モデル「CF-18GC1AXS」と、無線LANを内蔵したモデル「CF-18FW1AXS」の2モデル。実売予想価格は35万円前後の見込み。

 スペックは、CPUに超低電圧版Pentium M 733(1.10GHz)、メモリに256MバイトDDR-SDRAM、40GバイトHDDを搭載。インターフェースにはEthernetポート、USB2.0×2、PCカードスロット×2、外部VGA出力を装備している。さらに、CF-18FW1AXSにはIEEE802.11 b/g対応の無線LANが内蔵されている。本体サイズは幅271×奥行き216×高さ49mm、重さは約2.1kg。バッテリー駆動時間は約8時間。

 プリインストールOSはいずれもWindows XP Professional。
《村上幸治》

特集

page top