松下、電源オフから1秒でテレビ番組ガイド(EPG)を表示できる新「DIGA」シリーズ | RBB TODAY

松下、電源オフから1秒でテレビ番組ガイド(EPG)を表示できる新「DIGA」シリーズ

 松下電器産業は、DVDレコーダー「DIGA」シリーズの新製品として、最新の画像処理エンジン「ディーガエンジンII」を搭載した5機種を4月1日から順次発売する。

IT・デジタル レコーダー
DIGAシリーズの新製品
  • DIGAシリーズの新製品
 松下電器産業は、DVDレコーダー「DIGA」シリーズの新製品を4月1日から順次発売する。

 新ラインアップは、300GバイトHDD搭載DVDレコーダー「DMR-EH60」、200GバイトHDD搭載DVDレコーダー「DMR-EH50」、200GバイトHDD&VHS&DVD一体型レコーダー「DMR-EH70V」、VHS&DVD一体型レコーダー「DMR-ES30V」、DVDレコーダー「DMR-ES10」の5機種。価格はいずれもオープン。

 実売予想価格および発売日は、DMR-EH60は10万円前後で5月1日発売、DMR-EH50が8万円前後で4月1日発売、DMR-EH70Vが10,5000円で5月1日発売、DMR-ES30Vが65,000円前後で4月1日発売、DMR-ES10が45,000円前後で4月1日発売となる。

 新ラインナップでは、“カンタン”“高画質”を追求しているほか、電源オフの状態から番組表ボタンを押すと、1秒でテレビ番組ガイド(EPG)を表示できる。なお、従来モデルでは、番組ガイドが表示されるまで15〜30秒かかっていたという。

 また、十字キーとジョグダイヤルを一体化した「くるくるリモコン」などを採用。最新の画像処理エンジン「ディーガエンジンII」の搭載により、LP(長時間)モードでSP(標準)モード並みの高解像度を実現しているという。

 さらに、光学ドライブは全モデルでDVDマルチフォーマットに対応したほか、BSアナログチューナー内蔵(EH60・EH70V)などを搭載したモデルも用意する。
《高柳政弘》

特集

page top