NTT西日本、戸建て住宅向けにもIP電話サービスを提供 | RBB TODAY

NTT西日本、戸建て住宅向けにもIP電話サービスを提供

 NTT西日本は、5月中旬から戸建て住宅向けにもIP電話サービス「ひかり電話」を提供する。対象になるのは、「フレッツ・光プレミアム ファミリータイプ」を利用しているユーザ。

ブロードバンド その他
 NTT西日本は、5月中旬から戸建て住宅向けにもIP電話サービス「ひかり電話」を提供する。対象になるのは、「フレッツ・光プレミアム ファミリータイプ」を利用しているユーザ。

 ひかり電話は、加入電話と同じ「0AB〜J」形式の電話番号が割り当てられるほか、固定電話、携帯電話はもとより、110番や119番も利用できるIP電話サービス。キャッチホン、ナンバー・ディスプレイ、ナンバー・リクエストなど、加入電話と同じオプションサービスも用意されている。

 料金プランは、無料通話の額により、月額525円の基本プラン、月額1,470円の安心プラン、月額4,095円のもっと安心プランの3つが用意されている。エリアは、大阪府内、名古屋市、京都市、神戸市、広島市、北九州市、福岡市の各一部で、順次拡大していく。

 なお、9月30日までに申し込んだユーザを対象に、オプションサービスの利用料金が無料になるキャンペーンを実施する。

■料金プラン
 基本プラン:月額525円
 安心プラン(1,344円の通話料金を含む):月額1,470円
 もっと安心プラン(5,040円の通話料金を含む):月額4,095円

■通話料金
 ひかり電話、加入電話:3分8.4円
 携帯電話:60秒17.85円または60秒19.95円

■付加サービス
 キャッチホン:月額315円
 ナンバー・ディスプレイ:月額420円
 ナンバー・リクエスト:月額210円
 ボイスワープ:月額525円
 迷惑電話おことわりサービス:月額735円

※料金はいずれも税込
《安達崇徳》

特集

page top