「産業の発達に寄与しない訴訟」 −ジャストシステムがヘルプ機能の特許裁判で控訴 | RBB TODAY

「産業の発達に寄与しない訴訟」 −ジャストシステムがヘルプ機能の特許裁判で控訴

 ジャストシステムは、東京地方裁判所が下した判決を不服とし、控訴すると発表した。これは、同社の「一太郎」と「花子」に含まれるヘルプ機能が特許を侵害するとして松下電器産業が起こしている裁判。

IT・デジタル ノートPC
 ジャストシステムは、東京地方裁判所が下した判決を不服とし、控訴すると発表した。これは、同社の「一太郎」と「花子」に含まれるヘルプ機能が特許を侵害するとして松下電器産業が起こしている裁判。

 ジャストシステムは、「発明の精神は、産業の発達に寄与することを本来の目的としているものであって、発明そのものの権利を乱用することによって技術の発展を阻害するものであってはならないと考えております」としている。そのうえで、「本件は、その精神から逸脱して、産業の発達に寄与しない訴訟だと考えております」と控訴に踏み切った理由をあげた。
《安達崇徳》

特集

page top