ナナオ、ローテーション&キャリブレーション対応の21.3型液晶ディスプレイを「PAGE2005」に参考出品 | RBB TODAY

ナナオ、ローテーション&キャリブレーション対応の21.3型液晶ディスプレイを「PAGE2005」に参考出品

 ナナオは2日、キャリブレーション対応液晶ディスプレイ「EIZO ColorEdgeシリーズ」の現行ラインアップから今後発売予定の試作機までを日本印刷技術協会主催の展示会「PAGE2005」に出品した。

IT・デジタル デジカメ
ナナオ(EIZO)ブース
  • ナナオ(EIZO)ブース
  • ローテーション対応モデルの試作機
  • ColorEdge CG220
  • ColorEdge CG21
  •  ナナオは2日、キャリブレーション対応液晶ディスプレイ「EIZO ColorEdgeシリーズ」の現行ラインアップから今後発売予定の試作機までを日本印刷技術協会主催の展示会「PAGE2005」に出品した。
  • JAPAN COLORのシミュレーションコーナー
 ナナオは2日、キャリブレーション対応液晶ディスプレイ「EIZO ColorEdgeシリーズ」の現行ラインアップから、最新製品や試作機までを日本印刷技術協会主催の展示会「PAGE2005」に出展した。PAGE2005の会場は、東京・池袋サンシャインシティコンベンションセンターで、会期は2月2日から4日までの3日間。

 特にナナオ(EIZO)ブースの注目は、縦・横画面表示を自動的に切り替えられるローテーション対応の試作機「ColorEdge 21.3型」が参考出品されていたこと。ColorEdge 21.3型は、ディスプレイを回転させると、その向き(縦・横)に応じて表示画面が自動的に切り替わる機構を備える。このColorEdge 21.3型は、PAGE2005では参考出品であるが、2005年度に発売を予定しているという。価格やスペックの詳細は未定。

 また、2004年11月に発売した22.2型モデル「ColorEdge CG220」も展示。ColorEdge CG220は、Adobe RGBの色域を表現できる、キャリブレーション対応液晶ディスプレイだ。滑らかな階調を表示する画像制御IC「ASIC」を搭載し、工場では1台ごとにガンマ値を2.2に調整して出荷するという。価格は70万円前後。

 ほかにも現行ラインアップである、キャリブレーション対応の21型モデル「ColorEdge CG21」や19型モデル「ColorEdge CG19」を出品。さらに、これらのキャリブレーション対応モデルを利用して、Adobe RGBとsRGBの色域の比較や、JAPAN COLORのプルーフとディスプレイ表示の比較デモを行なっていた。
《高柳政弘》

特集

page top