ケンウッド、同社初のフラッシュメモリ内蔵ポータブルオーディオプレーヤーを発売 | RBB TODAY

ケンウッド、同社初のフラッシュメモリ内蔵ポータブルオーディオプレーヤーを発売

IT・デジタル その他

512Mバイトフラッシュメモリ内蔵のポータブルオーディオプレーヤー
  • 512Mバイトフラッシュメモリ内蔵のポータブルオーディオプレーヤー
 ケンウッドは、同社で初めてフラッシュメモリ内蔵のポータブルオーディオプレーヤー2機種を2月下旬に発売する。今回発売されるのは、512Mバイトモデル「M512A3」と、256Mバイトモデル「M256A3」の2モデル。価格はオープンで、実売予想価格は512Mバイトモデルが19,000円前後、256Mバイトモデルが17,000円前後。

 本体色は、M512A3がホワイト、ブラック、オレンジ、ブルーの4色、M256A3はホワイト、ブラックの2色。オーディオ専業メーカーならではの高音質再生を実現する大口径ヘッドホンの採用により、デジタル音楽を高音質で再生可能な点が特徴だとしている。

 FMチューナーを内蔵するほか、FM音声やボイスの録音機能も搭載。音楽再生では、プリセットイコライザや5バンドカスタムイコライザが使える。再生ファイル形式は、WMA(64k〜192kbps)/MP3(32k〜320kbps)に対応。

 本体サイズは高さ28.5×幅71.3×厚さ16.5mm、重さは約39g(電池含む)。電源には単4形アルカリ乾電池が採用されており、PCとの接続にはUSB2.0を用いる。
《村上幸治》

特集

page top