日本ではマスメール型ワームに対する警戒が強い。トレンドマイクロの8月分レポート | RBB TODAY

日本ではマスメール型ワームに対する警戒が強い。トレンドマイクロの8月分レポート

エンタープライズ その他

 トレンドマイクロは、2004年8月分の「ウイルス感染マンスリーレポート」を発表した。8月中の感染件数は5,157件になり、7月の感染件数(6,471件)よりも減少した。

 同社では、ウイルスは一般的に長期休暇中に作成されることが多いとしている。そのため、世界的に休みが多い8月中に作成されたウイルスが休暇明けに頒布されることが多いとして、注意を呼びかけている。

 また、8月16日には件名が「photos」になっているマスメール型ワーム「WORM_RATOS.A」(現在は「WORM_MYDOOM.S」に改称)が発見された。しかし、日本ではマスメール型ワームに対する警戒が強く、すぐに感染は収束したため大規模な被害につながらなかったとしている。

●ウイルス感染被害マンスリーレポート
[1位] WORM_NETSKY/300件
[2位] TROJ_AGENT/286件
[3位] JAVA_BYTEVER.A/259件
[4位] TROJ_CRYPT.A/127件
[5位] WORM_MYDOOM.S/113件
[6位] TROJ_ISTBAR.W/66件
[7位] TROJ_REVOP/57件
[8位] WORM_MABUTU/50件
[9位] TROJ_DLOADER/43件
[10位] TROJ_DYFUCA.M/42件
《安達崇徳》

特集

page top