携帯電話やAV機器までをカバーする家電プラットフォーム「UniPhier」を松下電器が開発 | RBB TODAY

携帯電話やAV機器までをカバーする家電プラットフォーム「UniPhier」を松下電器が開発

IT・デジタル その他

 松下電器産業(松下電器)は、携帯電話やAV機器など幅広いデジタル家電に対応できるプラットフォーム「UniPhier(ユニフィエ)」を開発した。2005年度上期から順次、採用していく計画だ。
  •  松下電器産業(松下電器)は、携帯電話やAV機器など幅広いデジタル家電に対応できるプラットフォーム「UniPhier(ユニフィエ)」を開発した。2005年度上期から順次、採用していく計画だ。
  •  松下電器産業(松下電器)は、携帯電話やAV機器など幅広いデジタル家電に対応できるプラットフォーム「UniPhier(ユニフィエ)」を開発した。2005年度上期から順次、採用していく計画だ。
  •  松下電器産業(松下電器)は、携帯電話やAV機器など幅広いデジタル家電に対応できるプラットフォーム「UniPhier(ユニフィエ)」を開発した。2005年度上期から順次、採用していく計画だ。
  •  松下電器産業(松下電器)は、携帯電話やAV機器など幅広いデジタル家電に対応できるプラットフォーム「UniPhier(ユニフィエ)」を開発した。2005年度上期から順次、採用していく計画だ。
 松下電器産業(松下電器)は、携帯電話やAV機器など幅広いデジタル家電に対応できるプラットフォーム「UniPhier(ユニフィエ)」を開発した。2005年度上期から順次、採用していく計画だ。

 インターネットに対応したデジタル家電では、機能の融合、高性能化、セキュリティの確保が求められている。これらを実現させるためには、ソフトウェアの開発規模を大きくする必要があるが、この流れが破綻し“ソフト爆発”を起こす恐れがあるとしている。また、携帯電話やパーソナル/カー/ホームAV機器など分野が異なる融合商品の開発には課題が残っている。

 これらの問題を解決するために、同社はUniPhierを開発。商品群を横断したソフトとハードウェアの共通化が進み、設計品質と開発効率が向上するとしている。

 UniPhierは、APIが共通化されたミドルウェア、OS、デバイスドライバで構成されている。さらに、リアルタイム性が要求されるAV処理はメディアプロセッサで実現。こちらもAPIの共通化が実現されている。またデジタル家電に必要な低消費電力技術、リアルタイム処理技術、セキュア技術も搭載されている。

 これらの機能は、1つのシステムLSIに統合。携帯電話系、パーソナルAV機器系、カー/ホームAV機器系の3分野にそれぞれに最適化されたUniPhierプロセッサが製造され、デジタル家電に組み込まれる。
(上)「UniPhierシステムLSI」(評価用チップ)
(下)UniPhierの概念図
《安達崇徳》

特集

page top