NTT-AT、家庭内ネットワークを想定したPLCの実験を開始 | RBB TODAY

NTT-AT、家庭内ネットワークを想定したPLCの実験を開始

ブロードバンド その他
 NTTアドバンステクノロジ(NTT-AT)は、総務省関東総合通信局から実験を目的にした「高速電力線搬送通信設備」の設置許可を受けた。これにより、同社つくば事業所にて、家庭やオフィス内の通信を想定した電力線通信(PLC)の実験を開始する。

 期間は2005年3月までの8か月間が予定されている。

 実験で採用されるPLC技術は、2MHz〜30MHzの高周波を利用しているため、周辺の無線機器への影響が懸念される。これを防ぐため、電力線からの放射電界を低減するフィルタを採用。周辺への影響などを調査する。
《安達崇徳》

特集

page top