バンダイチャンネル、今秋新作アニメ「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」のブロードバンド配信を決定 | RBB TODAY

バンダイチャンネル、今秋新作アニメ「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」のブロードバンド配信を決定

エンタメ その他

バンダイチャンネル、今秋新作アニメ「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」のブロードバンド配信を決定
  • バンダイチャンネル、今秋新作アニメ「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」のブロードバンド配信を決定
 バンダイチャンネルは、NTT東西、毎日放送などと共同で、今年10月から放映される新作アニメ「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」のブロードバンド配信を決定した。放送後1週間に限り「フレッツ・スクウェア」を通じて配信されるというものだ。

 テレビと連動したブロードバンド配信は、2002〜3年に放映された前作「機動戦士ガンダムSEED」でも行われており、毎週数10万に上るアクセス数を記録した。

 また、テレビ放映に先立ち、10月3日に東京など全国7都市の会場で2万人が参加できるイベント「機動戦士ガンダムSEED DESTINY 前夜祭」が開催される。前夜祭では東京会場の「東京国際フォーラム」にて、オープニング、エンディングテーマのアーティストライブが行われ、この模様をBフレッツを用いてほかの会場に中継する。ほか、全会場で第1話の先行上映も行われる。

 なお東京会場の模様が中継されるのは、札幌「YELL」、仙台「若林区文化センター」、名古屋「名古屋市公会堂」、大阪「NHK大阪ホール」、広島「YMCA国際ホール」、福岡「電気ホール」の全国6か所。

 イベントへの参加チケットは、NTT東西のフレッツシリーズへの新規申し込みまたは既契約の利用者を対象に抽選でプレゼントされる。申し込みは、フレッツ・スクウェアのの応募ページで7月23日から行われる。

 また、「ガンダムSEED DESTINY前夜祭実行委員会」でも7月26日から応募を受け付ける。なお、詳細はガンダムSEED DESTINYの公式ホームページを通じて告知される。

 「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」は、2002〜2003年に毎日放送に放映された人気アニメ「機動戦士ガンダムSEED」の続編。小中学生を中心に爆発的なヒットとなった。続編では、前作から2年後の世界が舞台であらたな主人公のもとストーリーが展開される。

(c)創通エージェンシー・サンライズ・毎日放送
《RBB TODAY》

特集

page top