Web現代、立川志らく最新作の超絶ドタバタ喜劇「不幸の伊三郎」の配信を開始 | RBB TODAY

Web現代、立川志らく最新作の超絶ドタバタ喜劇「不幸の伊三郎」の配信を開始

エンタメ その他

Web現代、立川志らく最新作の超絶ドタバタ喜劇「不幸の伊三郎」の配信を開始
  • Web現代、立川志らく最新作の超絶ドタバタ喜劇「不幸の伊三郎」の配信を開始
 Web現代はインターネット映画館「シネマ志らく座」において、立川志らく監督による最新映画「不幸の伊三郎」の配信を開始した。

シネマ志らく座
(C)Tatekawa Shiraku, Kodansha, Tatekawa Planning, 2004.07.16

 この作品は、愛娘より若い女性を後妻に貰ったオヤジの不幸にまみれた一日をナンセンスギャグのみで描いたドタバタ喜劇。渋谷ジャアンジャアンで行った一人芝居舞台で人気の「不幸シリーズ」の映画化で、立川志らくが監督、脚本、音楽、主演を務めている。

 視聴料840円(税込)で、10日間何度でも視聴可能。なお、購入にはBIGLOBEのID(無料)の登録が必要となる。

 「シネマ志らく座」ではこのほかにも、「死神パラダイス」「SF小町」など、立川志らく監督作品を公開している。
《編集部》

特集

page top