エキサイト、WMA対応の音楽ダウンロードサービスを開始。年内に10万曲をラインナップ | RBB TODAY

エキサイト、WMA対応の音楽ダウンロードサービスを開始。年内に10万曲をラインナップ

エンタメ その他

エキサイト、WMA対応の音楽ダウンロードサービスを開始。年内に10万曲をラインナップ
  • エキサイト、WMA対応の音楽ダウンロードサービスを開始。年内に10万曲をラインナップ
  • エキサイト、WMA対応の音楽ダウンロードサービスを開始。年内に10万曲をラインナップ
  • エキサイト、WMA対応の音楽ダウンロードサービスを開始。年内に10万曲をラインナップ
  • エキサイト、WMA対応の音楽ダウンロードサービスを開始。年内に10万曲をラインナップ
 エキサイトは、Windows Media Audio(WMA)対応の音楽ダウンロードサービス「Excite Music Store(エキサイトミュージックストア)」の提供を5月20日(木)に開始した。ポータルとしては初の音楽ダウンロードサービスとなる。

都内で開かれた記者発表会には、右からエキサイト社長・山村幸広氏、東芝EMI・山崎浩司氏、コロムビアミュージックエンタテインメント・竹中禎一氏、ワーナーミュージック・ジャパン・アンドリュー ダンバー氏、クリエイティブメディア・高橋慎治氏、エキサイト・坂本孝治氏が出席

 このサービスは、パソコンとインターネットの組み合わせで利用するもの。ファイル形式にはWMA、著作権保護方式にはWindows Media Digital Rights Management(DRM)を採用。ダウンロードした音楽ファイルは、Windows Media Playerを利用してパソコンで再生したり、DRM対応ポータブルプレイヤーへ転送したりして楽しめる。なお転送回数は3回までで、他のパソコンやCDRへの転送はできない。

 利用料は1曲150円から270円、アルバムは1,500円から2,500円程度と、他の音楽ダウンロードサービスとほぼ同額となっている。

 まずは、東芝EMI、コロムビアミュージックエンタテインメントの楽曲提供を受け、サービス開始時には邦楽約1,000曲とクラシックを中心とする100曲を配信。今後は、ワーナーミュージック・ジャパン、BMGファンハウスなど提携レーベルを拡大し、6月中には洋楽も含む約40,000曲、年内には100,000曲の提供を目指す。さらに今後は、ライブ音源や、iTunesとペプシに例を見る広告タイアップ商品としての提供も予定しているという。

 このサービスは音楽情報サービス「エキサイトミュージック」の付加サービスという位置づけで提供されるもので、「WMA対応」「複数レーベルとの提携」「ISPとの連携」が特徴だ。アーティスト約30万5,000組、アルバム約24万8,400タイトルの音楽データベース、アーティストインタビュー、音楽関連ニュースなどを提供する「エキサイトミュージック」と連動し、ユーザを誘導する。エキサイト山村社長は、同社は「すでに多くの音楽ファンを抱えており、これが同サービスの大きなアドバンテージとなる」と自信のほどを見せた。

 なお、サービス開始時にはクレジットカード決済のみの対応となるが、今後はWeb Money等のプリペイド対応も検討。今夏をめどにBIGLOBE、DION、ODNなどのISP決済にも対応する計画だ。

 音楽情報サイト提供の実績と膨大な音楽データベース、さらにはISPとの連携を強みに、音楽配信サービスを展開。年内には、週600万人にのぼるExciteユーザのうち10%から20%の利用、さらには月間10万ダウンロードを目指す。

 なお同サービスは、MWTのDRM対応ポータブルプレイヤーであれば利用可能だが、クリエイティブメディアのNOMADシリーズが推奨されており、ショッピング・エキサイトにおいて5月20日より同シリーズの販売が開始された。クリエイティブメディアでは、「楽曲の購入・ダウンロード・音楽再生・プレイヤーへの転送」を一括して行える音楽オーガナイズソフト「Creative MediaSource」を開発しており、6月下旬から7月をめどに無償提供を開始する予定だ。

エキサイトミュージックストア・トップページ。新着やお勧め情報が掲載されており、アーティスト名やタイトルによる検索が可能クリエイティブメディアのNOMADシリーズ。最大60GバイトのHD搭載から、コンパクト性・操作性重視の製品まで。販売価格は15,000円から49,000円程度
《編集部》

特集

page top