Yahoo! BB顧客情報流出事件のこれまでの経緯(1/7〜2/24) | RBB TODAY

Yahoo! BB顧客情報流出事件のこれまでの経緯(1/7〜2/24)

ブロードバンド その他

 ソフトバンクBBが発表した、今回のYahoo! BB顧客情報流出事件のこれまでの経緯(1月7日〜2月24日)は以下のとおり。

■1月7日 SB(ソフトバンク)子会社の取引先が湯浅(輝昭容疑者)から、8名分のリストを受け取る。受け取ったリストをSB子会社役員向けに郵送。

■1月9日 SB子会社役員が8件分のリストを郵送で受け取る。受け取ったリストをSBB(ソフトバンクBB)担当者へ郵送。

■1月13日 SBB担当者が8件分のリストを受け取る。

■1月14日 8件分の情報を、確認したところYahoo! BBの個人情報の一部であることを確認した。

■1月17日 当社(SBB)の顧客対応部署にfuu fuuと名乗る人物からメールにて104件分の情報が、届いた。

■1月19日 警視庁久松警察ならびにハイテク犯罪対策総合センターに相談。

■1月20日 警視庁捜査1課にも事情説明。深夜、湯浅容疑者がSB子会社役員に電話で「数百万件の情報を、知人が持っている。」と話す。

■1月21日 SB箱崎本社にて湯浅容疑者と面談。130件分のリスト(紙コピー)を受け取り。1回目恐喝。

■1月22日 総務省に報告。捜査への全面協力、2次被害の防止、情報管理について全力を尽くすよう指導を受ける。

■1月23日 夕刻、ニュースリリース(242件)を行う。同日夜、都内ホテルで、湯浅容疑者と面談(警察の指示により)。プラスチックケースを受け取り、そのまま、警察に引き渡した。

■1月24日 fuu fuuから具体的な返却条件と担当者の指定を求めてきた。以後、SBBからfuu fuuの返信メールの内容・文章については、警察と相談の上、作成・送信。

■1月26日 湯浅容疑者から、再度の要求有り。2回目の恐喝。

■1月27日 湯浅案件の被害届を提出。(警察と相談の上)

■1月30日 fuu fuuより金銭を要求するメールを受信。

■2月3日 fuu fuuより金額確認のメール有り。fuu fuu案件の被害届提出。(警察と相談の上)

■2月6日 fuu fuuより受け渡し方法に関してメールを受信。

■2月11日 警察より、湯浅容疑者並びにfuu fuu(木全泰之容疑者)を逮捕したとの連絡有り。警察からは逮捕の事実を含めて、捜査上の理由で情報を公開しないよう厳命された。

■2月12日 以後、警察に捜査協力を継続中。

■2月24日 読売新聞夕刊で報道。同日、16時、総務省に報告。

※原則として同社発表のまま掲載。
《RBB TODAY》

特集

page top