シスコ、メトロイーサネット向け製品を拡充。新製品や新モジュールなど | RBB TODAY

シスコ、メトロイーサネット向け製品を拡充。新製品や新モジュールなど

IT・デジタル その他

シスコ、メトロイーサネット向け製品を拡充。新製品や新モジュールなど
  • シスコ、メトロイーサネット向け製品を拡充。新製品や新モジュールなど
 ネットワーク機器ベンダーのシスコシステムズは、メトロイーサネット市場向けの製品ラインアップの拡充をおこない、エッジルータ「Cisco Catalyst 3750 Metro」や、コア製品向けのモジュールを2月から順次発売すると発表した。

 Catalyst 3750 Metroはメトロイーサネットのエッジ向け製品で、階層型QoSや802.1QトンネリングQoS(Q-in-Q)、VLANマッピング、MPLS、Ethernet over MPLSをサポート。帯域保証型サービスを可能にするトラフィックシェーピングや、MPLSのハードウェアによる高速処理が特徴。AC電源モデル、DC電源モデルとも電源は2重化され、信頼性を向上させている。

CISCO Catalyst 3750 Metro

 また、コア向けルータの6500/7600用に、IPv6/v4およびMPLSのハードウェア処理エンジン「Supervisor Engine 720-3BXL(Sup720-3BXL)」を発売する。スロットあたり40Gbpsの全二重転送が可能で、IPv6パケットの処理能力は200Mpps。L2&L3 VPN対応で、EoMPLSをサポートする。

 このほか、ONS 15454 MSPP用に、メトロイーサネット向けマルチレートトランスポンダカードやMLシリーズのイーサネットカードをリリースする。イーサネットカードは100/10BASE-Tを12ポート備えた「ML100T-12」と、ギガビットイーサ2ポートを備えた「ML1000-2」の2種類。

 マルチレートトランスポンダカードは、10GbE LAN-PHY、10GbE WAN-PHY、OC-192、STM-64に対応。DWDMによって最大32チャンネル、320Gbpsの通信が可能となっている(16枚使用時)。

 シスコでは、これらの新製品でスケーラブルなメトロイーサネット ネットワークが構築可能で、今の日本の高速なメトロ環境・ブロードバンド環境に対応できるとしている。
《伊藤雅俊》

特集

page top