NTT東西、DSL回線使用料の値下げを補正申請。認可されればタイプ2は約400円の値下げに | RBB TODAY

NTT東西、DSL回線使用料の値下げを補正申請。認可されればタイプ2は約400円の値下げに

ブロードバンド その他

 NTT東日本およびNTT西日本は、電話と共用しないタイプのDSL回線使用料の補正申請を行った。両社は9月10日にいったん値下げ申請を行っていたが、接続料算定の根拠となる原価計算方法についての情報通信審議会の答申にしたがって補正を行ったもの。

 今回料金変更が申請されているのは、電話と共用しないいわゆる「タイプ2」の料金と、第2分類(要カッド占有)のサービスを電話と共用する場合の料金。このうち一般ユーザに関係がありそうなのは、第1分類サービスをタイプ2(DSL専用回線)で使用する場合だ。
 メニューによって多少違いはあるが、申請どおり認可されれば、おおむね現行料金より400円程度値下げとなる。050番号IP電話への通話も提供されはじめており、固定電話なしでIP電話のみという使い方が、料金面からも現実的になりそうだ。

■計算例(東日本エリア)■
・加入電話 基本料(1750円)
 +タイプ1のDSL回線利用料(168円)
  =1918円
・タイプ2のDSL回線利用料(回線管理運営費含む)
  =1429円
(※加入電話の基本料はエリアによって異なる)

 以下は、電話と共用しないタイプのDSL回線利用料のうち、第1群の伝送方式をもちいるものの料金変更内容。

■NTT東日本 今回申請
した料金
(参考)
9月10日に
申請した料金
(参考)
現行料金
営業時間内保守タイプ 1,290円 1,303円 1,690円
24時間保守タイプ 1,362円 1,375円 1,761円

※別途、回線管理運営費(139円/回線・月、125円/請求書・月)が必要

■NTT西日本 今回申請
した料金
(参考)
9月10日に
申請した料金
(参考)
現行料金
営業時間内保守タイプ 1,339円 1,411円 1,803円
24時間保守タイプ 1,478円 1,490円 1,881円

※別途、回線管理運営費(147円/回線・月、125円/請求書・月)が必要
《伊藤雅俊》

特集

page top