NTTコム、TDD方式を用いた無線通信の実験に参加。ホットスポットの連携も検討 | RBB TODAY

NTTコム、TDD方式を用いた無線通信の実験に参加。ホットスポットの連携も検討

ブロードバンド その他

 NTTコミュニケーションズ(NTTコム)は、アイピーモバイル社が実施している「TDD方式」の無線接続の実験に参加する。

 実験は、都内3か所に設置された基地局とPCカード型の端末を用いて行われる。ここでは、電波特性、スループットなど常時接続性、ハンドオーバー、アプリケーションの品質などを検証する。

 なお実験は11月上旬から1年間をめどに実施され、ホットスポットなどとの連携を検討していくという。
《安達崇徳》

編集部のおすすめ記事

特集

page top