モーターショーでCDMA 1X WINに対応した車載用のCF型通信カードが参考出品 | RBB TODAY

モーターショーでCDMA 1X WINに対応した車載用のCF型通信カードが参考出品

ブロードバンド その他

モーターショーでCDMA 1X WINに対応した車載用のCF型通信カードが参考出品
  • モーターショーでCDMA 1X WINに対応した車載用のCF型通信カードが参考出品
  • モーターショーでCDMA 1X WINに対応した車載用のCF型通信カードが参考出品
  • モーターショーでCDMA 1X WINに対応した車載用のCF型通信カードが参考出品
  • モーターショーでCDMA 1X WINに対応した車載用のCF型通信カードが参考出品
 自動車とバイク関連の展示会「第37回東京モーターショー2003」が一足早く報道陣向けに公開された。ハイブリッドカーや燃料電池車など“エコカー”が華々しく展示されているなか、テレマティクス関連の製品も見られた。

 自動車部品を展示している日立のブースでは、11月28日に開始されるCDMA 1X WINに対応した「車載用CFタイプ通信カード」が出展されていた。ブースでは、この通信カードを装着したPCでCDMA 1X WINを利用したインターネット接続の実演が行われている。実際に利用してみたが、反応速度が非常に早く一見すると携帯電話を用いた通信とは思えないほどだ。

 通信カードの側面にはダイバシティアンテナの接続端子が2つ用意されているほか、自動車内でのハンズフリー通話に利用するイヤホンマイクの端子も見られる。

 このCFタイプの通信カードだが、PCのほかPDAでも利用できるため発売が待たれるところだが、今のところ車載用のモジュールを想定しているとのことだ。

 なお、東京モーターショーは10月25日から11月5日まで一般に公開される。当日券は、一般が1,200円、中学高校生が600円。

PCに装着された車載用CFタイプ通信カード。実際には、車載用機器に内蔵される


車載用CFタイプ通信カードを内蔵したクラリオンのテレマティクス端末「CADIAS」。ちなみにCADIASは、車載用Windowsを利用している
《安達崇徳》

編集部のおすすめ記事

特集

page top