ソニー、VAIOと連携する新コクーン発表 | RBB TODAY

ソニー、VAIOと連携する新コクーン発表

IT・デジタル その他

ソニー、VAIOと連携する新コクーン発表
  • ソニー、VAIOと連携する新コクーン発表
 ソニーは、HDDレコーダ「コクーン」の新機種「CSV-EX11」と「CSV-EX9」を発表した。「CSV-EX11」は、業界最大となる500GBのHDDを搭載、最大録画時間は約342時間となる。「CSV-EX9」は250GBのHDDを搭載、最大録画時間は約168時間。

 コクーンは、ユーザが設定したキーワードと録画履歴を元にユーザの嗜好を分析、自動的に嗜好に沿った番組を録画するHDDレコーダ。電子番組表(EPG)情報を利用して、あらかじめ登録しておいたキーワードに添う番組を自動的に録画する「新おまかせ・まる録2」を搭載した。

 さらに、登録ユーザ数を3ユーザまで増やし、家庭でのニーズに対応。このほか、野球やサッカーなどの放送時間の延長により、番組終了時間が変更しても自動的に終了時間を延長する「野球延長対応」機能を備える。

 デジタルCSチューナを接続することにより、「スカイパーフェクTV!」(スカパー!)の電子番組表にも対応。地上波放送とスカパー!の同時録画にも対応した。

 PC連係機能として、LANで接続されたVAIOで録画した番組を記録できる「Click to DVD対応機能」を搭載した。DVDへの記録には、記録型DVDドライブを搭載したVAIOが必要だ。CSV-EX11では「Click to DVD」に対応するソフトウェアがあらかじめインストールされているが、CSV-EX9では別途購入する必要がある。

コクーンチャンネルサーバー「CSV-EX11」
《山本浩司》

特集

page top