虎党グッズついに無線LANまで、日本通信、「bモバイル・阪神タイガース限定バージョン」をオンライン販売開始 | RBB TODAY

虎党グッズついに無線LANまで、日本通信、「bモバイル・阪神タイガース限定バージョン」をオンライン販売開始

エンタープライズ モバイルBIZ

虎党グッズついに無線LANまで、日本通信、「bモバイル・阪神タイガース限定バージョン」をオンライン販売開始
  • 虎党グッズついに無線LANまで、日本通信、「bモバイル・阪神タイガース限定バージョン」をオンライン販売開始
 日本通信は、同社が行なっている公衆無線LAN「bモバイル」の「プリペイドサービス」に虎党が喜ぶ「bモバイル・阪神タイガース限定バージョン」をリリースする。この限定バージョンは、8月27日から9月30日までオンラインショッピングサイトにて販売される。

 今回の限定バージョンは、通信カードと商品パッケージに阪神タイガースデザインが施された特別バージョンで、「CFタイプ・PHSデータカード」「インターネットつなぎ放題のマルチリンク通信方式データ通信料・ISP料」が含まれる。このパッケージでユニークなのは、その通信利用期間だ。もし、日本シリーズで阪神タイガースが優勝すれば16ヶ月、負ければ12ヶ月と、阪神タイガースが日本一になるかどうかで利用期間が変わるのである。

 また、従来の「bモバイル」シリーズと同様、増速ソリューションのWebアクセラレーターやメールブースター、簡単/快速コントロールツールbアクセスなども標準で装備されている。また、bモバイル以外の他の有料公衆無線LANサービスに関しても、「ネットワーク等価交換方式」でローミングが行なわれ、プリペイド2日分と有料公衆無線LAN1日分をコンバートすることができる。

 価格はオープンプライスであるが、店頭価格は9万円弱と予想されている。日本シリーズ優勝時には、月々およそ5,600円程度でサービスが利用できることになる。

 限定バージョンの利用期間が4ヶ月延びるかどうかは、ひとえにタイガースの勝運にかかっている。

パッケージおよびCFカードもタイガースバージョンに
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top