携帯電話の二次元バーコードでチェックイン。JALグループが7/31より全国の空港で導入 | RBB TODAY

携帯電話の二次元バーコードでチェックイン。JALグループが7/31より全国の空港で導入

ブロードバンド その他

携帯電話の二次元バーコードでチェックイン。JALグループが7/31より全国の空港で導入
  • 携帯電話の二次元バーコードでチェックイン。JALグループが7/31より全国の空港で導入
 JALグループ(JALとJAS)は、携帯電話の二次元バーコードを用いたチェックインサービスを7月31日より全国の空港で開始する。

 このチェックインシステムでは、予約をWebサイト上で確認したのち「ケータイ決済番号」と「二次元バーコード」を取得し、コンビニエンスストアのサークルKまたはサンクスで現金決済をする。空港に到着したら、この二次元バーコードを自動チェックイン・発券機にかざすことでチェックイン済みの航空券を受け取れるという仕組みになっている。なお、決済できるコンビニの拡大を予定しているという。

 携帯電話を用いた二次元バーコードの認証システムは、コンサートや各種イベントなどごく限られた範囲や期間でしか利用されていなかった。しかし、今回はこれまでにはないかなり大規模な展開だといえるだろう。

自動チェックイン・発券機
《安達崇徳》

特集

page top