インテルが学術研究者らと協力し、インターネットの有用性を高める実験設備を創設 | RBB TODAY

インテルが学術研究者らと協力し、インターネットの有用性を高める実験設備を創設

ブロードバンド その他

 インテルはこのほど、ヒューレット・パッカード カンパニーや米カリフォルニア州立大学バークレー校、米プリンストン大学、米ワシントン大学など世界中の60以上の大学の研究者と協力し、インターネット・アプリケーションやサービスのプロトタイプを発明・検証するためのグローバルな実験設備である「プラネット・ラボ」を創設した。

 プラネット・ラボは、全世界60ヵ所の研究所に分散配置された170台のコンピュータで構成されている。このうち最初の100台はインテルが提供した。プロジェクトとしては、数年以内に1,000台以上に拡張することを目標にしている。

 インテルによれば、プラネット・ラボはインターネットに新しい機能を付加する手法「オーバーレイ・ネットワーク」として機能するように設計されている。同社では世界中の研究者がプラネット・ラボを活用することにより、たとえばウイルスやワームからインターネットを保護するまったく新しい方法を作り出すなど、革新的なさまざまな「発明」を生むものとして期待している。
《RBB TODAY》

特集

page top