IEEE 802.11g正式規格への対応ベンダーが続々と。コレガは最新draftがそのまま正式規格に対応すると | RBB TODAY

IEEE 802.11g正式規格への対応ベンダーが続々と。コレガは最新draftがそのまま正式規格に対応すると

IT・デジタル その他

 コレガは、IEEE 802.11g正式規格への対応を発表した。

 同社では、6月2日よりIEEE 802.11gのdraft Revision 8.2準拠としてブロードバンドルータ「WLBAR-54GT」のファームウェア(Ver1.01)とPCカードクライアント「WLCB-54GT」のドライバー(Ver1.1 PL1)を公開している。IEEE 802.11gの標準化作業終了では、このdraft Revision 8.2が正式規格になった。そのため同社では、6月2日に公開されたファームウェアとドライバーをそのまま正式規格への準拠とした。

 なお、アクセスポイントのみの「WLAP-54GT」の正式規格への対応は6月20日を予定しているとのことだ。
《RBB TODAY》

特集

page top