アジレント・テクノロジー、無線LAN機器の性能試験代行サービスを開始 | RBB TODAY

アジレント・テクノロジー、無線LAN機器の性能試験代行サービスを開始

ブロードバンド その他

 アジレント・テクノロジーは、IEEE 802.11a/b/gに準拠した無線LAN機器の性能試験を代行するサービスを5月28日より開始する。同社によれば、このサービスを利用することで、無線LAN機器の開発に必要な測定機器に対する設備投資が不要になるという。

 標準サービスでは、IEEE 802.11a/b/g規格に準拠した項目の試験と電波法に基づく試験項目の測定の2つ。顧客にはこれら2つの測定環境と試験データが納品される。

 また、オプションとして、アメリカのFCC(Federal Communications Commission)やヨーロッパのETSI(The Europeans Telecommunications Standards Institute)に準拠した試験項目の測定(試験データの提供を含む)や、試験結果の検証や技術指導も行う。

 サービスの開始当初は送信系のみの測定を代行するが、今後受信系の測定も追加する予定だ。販売価格は30万円から。同社では、無線LAN機器の性能試験代行サービスで年間3000万円の売上を目標とする。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top