メガコンソーシアムでのコンテンツの共同購入やブロードバンド広告が10月より本格化 | RBB TODAY

メガコンソーシアムでのコンテンツの共同購入やブロードバンド広告が10月より本格化

ブロードバンド その他

 KDDI、日本テレコム、NEC、松下電器産業の4社は、2002年7月に設立した「ブロードバンドサービス企画株式会社」の事業会社化を発表した。本格的に営業を開始するのは10月を予定しているという。

 ブロードバンドサービス企画は設立以来、メガコンソーシアムの参加事業者と共に、オンラインショップ、ストリーミング放送局、ブロードバンド広告の連携を進めてきた。同時に、事業化計画の策定も進めており、その結果これらのサービスを共同で進めていく必要があるとの結論に達したという。

 具体的には、(1)コンテンツの共同購入の窓口(2)共通したポータルサイトの作成(3)共通のブロードバンド向け広告の作成を行うとしている。なお、事業会社化と同時に第三者割当増資も行われており、出資比率は、KDDIが45.07%、NECは34.29%、以下、松下電器(17.64%)、日本テレコム(2.99%)となっている。なお、2005年度には100億円程度の売り上げを目標にしているとのことだ。

 2002年4月に設立されたメガコンソーシアムだが、今回の事業会社化によりようやく成果が現れた格好になる。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top