携帯電話網を用いて最大2.4Mbps。KDDIがモニタ試験を4月30日より開始 | RBB TODAY

携帯電話網を用いて最大2.4Mbps。KDDIがモニタ試験を4月30日より開始

ブロードバンド その他

携帯電話網を用いて最大2.4Mbps。KDDIがモニタ試験を4月30日より開始
  • 携帯電話網を用いて最大2.4Mbps。KDDIがモニタ試験を4月30日より開始
  • 携帯電話網を用いて最大2.4Mbps。KDDIがモニタ試験を4月30日より開始
 KDDIは、携帯電話網を利用した最大2.4Mbpsの通信サービス「CDMA2000 1xEV-DO」のモニタ募集を開始した。応募は4月3日の午後6時まで。モニタサービスは500人限定で4月30日〜10月までの予定となっている。

 EV-DOは、KDDIの携帯電話サービス「au」で提供している方式「CDMA2000 1x」の拡張版。今回はあらたに2GHz帯を用いており、下りは2.4Mbpsで上りは153kbpsのパケット方式での接続となる。

 エリアは、東京15区(千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、台東区、渋谷区、品川区、目黒区、豊島区、中野区、板橋区、北区、荒川区、墨田区)のうち環状7号線の内側で隅田川以西の地域を予定しているという。

 モニタにレンタルされるのは京セラ製の専用機器「DO-BOX」。対応OSはWindows 2000とWindows XPとなり、PCと機器はUSBで接続する。なお、利用するには別途AC100Vが必要なため、移動体での利用は想定されていないようだ。

 なおモニタ期間中は、初期費用、基本料金、パケット通信料金、インターネット接続に用いるDIONの接続料、DO-BOXのレンタル料はすべて無料となる。

DO-BOX


PCとの接続例
《RBB TODAY》

特集

page top